経営者向けコラム

組織づくり/社長コーチング2019.01.21

成功する経営者には必ずいる「社長の右腕」10の特徴

高収益経営サポートセンター安室元博

成功する経営者には必ずいる「社長の右腕」10の特徴

 

おはようございます。安室です。

「成功する経営者には必ず
右腕と呼べるような存在がいる」

   

社長は孤独と言われるように
中小企業の経営者は相談できる人がいなかったり
本音を語れるような人がいないことが多いです。

しかし、

成功している経営者には
必ず「社長の右腕」と呼べる存在がいたのです。

経営者がひとりぼっちのまま
では、現状を脱することは困難と言えるでしょう。

   

中小企業の場合は、
「社長の右腕」と言っても高学歴で経験豊富な
参謀タイプかといえばそうではありません。

そんな人が来るはずありません。

       
   
   
それこそ、社長が男性の場合
古くからいる女性社員だったりします。
     
社長と右腕との関係を観てきて
共通していたのが・・・

基本的に人の話を聞かない社長が
右腕の話には耳を傾けるのです。

社長から相談を持ちかけることも
少なくありません。
  
    

そして、右腕は時には社長に
意見することもありますが、
社長の考えをよく咀嚼しています。

 

一言で言えば、
強固な信頼関係であり
同じ方向を向いている
と言えます。

 

社長は右腕を信頼し、右腕は社長の最高の理解者。
このような関係を築いているのです。

 

では、社長の右腕となれるのは
どのような人材でしょうか。。。
    
      

次に紹介する特徴を持ち合わせています。

    
「社長の右腕」10の特徴
      
1)会社への愛着が誰よりも強い
2)私欲がない
3)考え方がポジティブ
4)思考が柔軟
5)人に対する評価がフラット
6)傾聴力が高い
7)人に共感できる
8)勉強熱心
9)どんなことにも感謝する
10)敵を作らない
      

いかがでしょうか。
    
       
業績が良いときは良い時なりに
悪いときは悪い時なりに解決しなければならない課題は
たくさんあります。
     
その全てに社長一人で立ち向かうのはあまりにも
ハードすぎます。
   
とは言っても
社長の判断は絶対です。
   
そんなときに、
社長が自分自身を客観的に観る
自分以外の人の意見を知る
多くの情報を集める。
    
これらのことは必須です。

     
しかし、簡単でありません。
そんなときに「社長の右腕」が存在感を発揮します。
    
     
もし、今あなたに「右腕」と呼べるような人が
存在しないとしたら今からでも遅くありません。
   
「右腕」を探してみたらどうでしょうか。

    
「今は未熟だな~」と思っても
社長の関わり方次第で頼れる「右腕」になっていく人は
多くいますので。。。
    
      
      
最後までお読みくださりありがとうございます。
      
    

 

 

 

Profile 執筆者紹介

高収益経営サポートセンター安室元博

1989年、青山学院大学文学部卒業
株式会社横浜そごう入社。12年間婦人服売場のマネジメントに従事。
その後、本社人事教育担当として社内の人材育成に携わる。
経営コンサルタントに転身後は、国内大手コンサルティング会社にて
主に組織活性化、人材育成を担当。
2011年プロフェッショナルパートナー設立。
ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ。


そごう人事教育担当時は、社内の販売スキルアップ制度、人事制度を導入。
経営コンサルタントとして、300社1,000の組織の改革と5,000人の教育研修を実施。
経営者から新入社員まで世代を超えた人材育成を一手に担う。

現在、経営者のコーチとして独自メソッド「安室式経営者コーチング」を全国オーナー経営者、二代目社長に提供。
建設、住宅リフォーム、製造、IT、サービス業のクライアントの86.7%が創業以来の最高売上利益を記録し今も更新中。
その他、各企業に階層別研修、リーダーシップ研修、新入社員研修を実施中。
専門分野:経営者コーチング、幹部社員育成、課長係長育成、コーチング研修

株式会社プロフェッショナルパートナー
代表取締役  安室元博