オンライン営業のコツ

オンライン営業のコツ

2020.03.01

自社サービスに名前を付けて集客力を強化しよう

自社サービスに名前を付けて集客力を強化しよう

 

今回は、見込み客とのやり取りの全ての局面で重要になる
「商品/サービス名」を付けること、について考えてみました。

 

 

職業柄、様々な会社様のホームページをよく見るのですが
その中でも会社概要と同じくらい注視しているのがその企業のサービスを
紹介しているページです。

 

どのようなサービスを、誰に向けて、またどのように組み合わせて事業コンセプトを
作っているかなど見ていて勉強しています。

 

その中でもどうしても気になってしまうことがありまして、
それは「サービス名が無い企業が多い」ことです。

サービス名を付けなくても売れているなら良いですが
名前を付けるくらい無料なので、サービスが売れなくて困っている企業様には
お勧めしたいです。

 

 

サービス名を付ける時に考えるべきこと

 

ちなみに弊社サービスには全て名前をつけてあります。

サービス名があると問い合わせを受けた時にお客様との行き違いがなく
キャッチボールがしやすいからです。

(また競合他社と差別化するのにも有効です)

 

弊社サービス名は以下になります。

・成功報酬型集客サービス「ビーメール」
・社長向けDM配信サービス「社長さん便」
・企業リスト販売サービス「リスト★キング」
・経営者を集める「集客屋さんのランディングページ制作」
・社長向け経営改善コラム「社長のサプリ」

 

全てサブコピーとサービス名を繋げて訴求しております。
またロゴも併せて作成しています。

 

サービス名のメリットは上記の通りですが、
逆にサービス名を付ける事のデメリットは、付ける作業の面倒臭さくらいでしょうか。

 

弊社はネーミングの会社では無いので特段詳しい訳ではありませんが
サービス名を考えるときは以下の事項を考慮して付けました。

・サービスがイメージしやすく、呼びやすい
・他社と差別化できて、且つ勝てそうな名前
・SEO対策に有利になりそうなサブコピー
・遊び心を少し入れる

 

サービス名と合わせてロゴもあった方がより訴求力が高まるでしょう。
(ロゴ作成費用は大体1万円くらいです)

 

必要に合わせて商標権を取っても良いでしょう。
事前に他社が商標権を取っているか調べた方が良いでしょう。
(WEBで簡単に調べられます→ 特許庁 商標権 で検索)

いかがでしょうか。

 

SNSでのアプローチと同じく無料で出来るんですから
付けたい!と思ったらパパッとやってしまいましょう。

 

今回は以上になります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

=========================

P.S.

自社がなぜサービス全てに名前とロゴを付けようかと思ったかのエピソードが
ありまして、その昔「ミサイルLP」というサービス名がありまして
その後そのサービスは無くなったのですが、

あるときにサービス名の商標権取得の相談に、東京都中小企業団体中央会に行った時に
弊社の会社名を見て「あ〜 ミサイルLPの会社ですよね?」と言われまして
1時間ほどで付けたサービス名でも、自分の知らない所で広まるもんだな〜 
と思いましてネーミングの影響力は侮れないなと身にしてみ分かりました。

 

貴方の会社でもお気軽にサービスに名前を付けてみてくださいね。

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

法人営業効率化
ノウハウ事例集
無料ダウンロード