オンライン営業のコツ

メール配信の事例・ノウハウ

2021.02.27

セミナー集客の事例(不動産・住宅業界向けコンサル業)

セミナー集客の事例(不動産・住宅業界向けコンサル業)

 

 

配信事例の概要

 


■ 業種 – 不動産・住宅業界向けコンサル業

■ 訴求サービス – 住宅・不動産会社向け営業・技術パッケージ

■ 配信目的 – セミナー集客(経営者限定)

■ 配信地域 – 主要都市の住宅・不動産会社、リフォーム会社

■ 配信結果 – 商談獲得2件(3万通配信で1件)

 

 

 

メール配信の効果

 

下記のような住宅・不動産業界の課題に対してのパッケージ商品に
ついての紹介を「高収益事業構築セミナー」として告知。
(施工技術、商品化/価格設定、集客まで)

・営業マン1人当たりの売上単価が低い
・施工の腕には自信があるが集客ができない
・見積もり時に、低単価/低収益で提案しないと勝てない
・施工技術が古く、今時のリノベーション技術を知らない
・社内業務のデジタル化が進まず間違いが多い

地方ほど古い経営体質で低単価/低収益を中心に受注している企業様が
多く積極的にサービスの認知を進める必要があると感じられており、
都心部+地方へ両方配信し結果を検証しました。

今回の配信では、商談獲得2件(30,000件に1件)の効果を出すことが出来ました。

 

 
同効果が見込まれるサービス

職人気質な経営者が多い「飲食・建築・電気店・工事業」向け
サービス・コンサル

 

 

 

メール配信の工夫点

 

弊社サービスでは都道府県全ての企業メールアドレスを保有しているため
首都圏だけでなく、地元企業を攻めたい企業様にもご活用いただけるものです。

メールによる「新規開拓」を実施したい場合は、メール配信を一度だけで
なく複数回配信し、配信先企業への認知・記憶される必要があります。
(相手先企業の購入タイミングはいつ起こるか分からないため、
 事前に覚えてもらっておく必要がある)

これは配信単価が低い(1円)弊社メールサービスだから出来る技です。

また相手に覚えてもらうためにもメール原稿内では
どれくらいの効果(金額・期間等)が出るのか」を具体的に示してやることが
効果アップ手法の一つです。

 

 

メール集客効果アップのポイント

 

■ メールタイトルに具体的効果(数値・達成までの期間)などを含める

■ 業界特有の課題/キーワードをメール原稿+LP内に記載し、信頼を得る

■ メール配信は可能な限り一度だけでなく、複数回(同じ企業へ)配信する

■ 地方を攻める場合、首都圏を攻める場合で文章を変えて検証する

 

 

 

お問い合わせ・資料請求

法人営業効率化
ノウハウ事例集
無料ダウンロード