経営者向けコラム

企業出版/ブランディング2018.03.10

SNSが生む現代の新しいマーケティング

(株)幻冬舎メディアコンサルティング

SNSが生む現代の新しいマーケティング

 

近年スマートフォンの普及により、SNSがますます拡大しています。

総務省の調査によると、代表的なSNSである、LINE、Facebook、
Twitter等の6つサービスのいずれかを利用している割合は、
全体では2012年の41.4%から、2016年には71.2%にまで上昇しており、
スマートフォンと合わせてSNSの利用が社会に定着してきたことがわかります。

 

年代別にみると、10代20代は2012年時点から利用率が比較的高い傾向に
ありましたが、20代は2016年には97.7%がいずれかのサービスを利用しており、
この世代ではスマートフォンやSNSが各個人と一体ともいえる媒体となっています。

40代50代は2012年時点の利用率はそれぞれ、37.1%、20.6%でしたが、
2014年から2015年にかけ利用率が上昇し、2
016年にはそれぞれ利用率が80%程度、60%程度となっていっています。

 

スマートフォンの普及は、こうしたSNSの成長とともに、
買い物のかたちまで変えています。

従来、何を買うにもリアル店舗で商品を見て、購入することが一般的でしたが、
最近は、スマートフォン上で、ECサイトで買い物をする人が増えているのです。

 

実際の調査によると、物販分野における 2016 年のスマートフォン経由の
BtoC-ECの市場規模は2兆5,559億円と、前年に比べて5,697億円も
増えているのです。これは物販の BtoC-EC市場規模8兆43億円の
31.9%に相当する金額になります。

そして、こうしたSNSの拡大、EC市場の成長によって、
消費者だけでなく「売る側」も変わってきているのです。

 

 

変わるマーケティング

 

SNSやEC市場の成長にともない、
新しいマーケティング方法が生まれています。

■動画マーティング

動画マーケティングとは、コンテンツマーケティングの一種で、
動画を使用して利益を生む仕組みをつくることを言います。

具体的に挙げると、YouTubeにおいて動画の前後、途中に流れる動画広告や、
その他動画サイトに載せられている動画による商品紹介、
企業のホームページで見られる企業・ブランドPR、また料理やメイク、
ヘアアレンジなどのハウツーを動画で紹介するものなどです。

 

この他にもさまざまな手法で動画マーケティングが行われています。

このように様々な場面で広がっている動画マーケティング。
その強みとしては「印象に残る」「わかりやすい」という点が挙げられます。

例えばアパレルブランドの広告に関しては、雑誌やポスターなどの紙面に
載せられているものと異なり、動画にすることで、人がそのブランドの服を
まとって動いている姿を見ることができるので、より魅力的に見え、
実際に人が着たイメージもよく伝わってきます。

 

また最近ではその企業やブランドのPR広告をストーリー仕立てにして、
TVCMやホームページに載せている企業も増えてきました。

このように動画マーケティングが増えているのも、スマートフォンの
普及によってSNSを中心に動画が簡単にみられる仕組みができたからでしょう。

 

■インフルエンサーマーケティング

最近若い人を中心にブームとなっているInstagram、Twitter、
Facebookを中心に、「インフルエンサー」と呼ばれる人達が注目を集めています。

インフルエンサーとは、世間に大きな影響力をもつ人や事物のことを指します。

 

以前までは、Instagramのフォロワーが10万~100万人ほどの芸能人を
指していましたが、最近では、一般人のなかでも多数のフォロワーを
持つ人も増えてきており、彼等がある商品を投稿して評価することで、
たちまちその商品が在庫切れになるほど売れるということも少なくありません。

 

また最近新しい取り組みとして見られるようになったのが、
インフルエンサー採用」です。

インフルエンサー採用とは、各メジャーSNS(Instagram・Twitter・BLOG)
などでフォロー数1500名以上を有するなど、一定の基準を満たし、
フォロワーの状況や発信内容の審査を通過した対象者は、即社長面接へ進み、
「SNSインフルエンサー枠」として一般の採用枠と別に、優遇した採用を行う採用方法です。

 

こうして発信力の高い個人を、自社スタッフとして直接雇用することによって、
よりそのブランドに関する多様な情報がリアルに消費者の方へと届けられ、
ブランドや商品に対する理解と認知が多くの方へ深まることを目指しています。

まさにSNSをフル活用したマーケティング方法であり、
現代の仕組みに合った新しい仕組みです。

 

 

時代に合ったマーケティングを考える

 

新しい2つのマーケティング方法を紹介しましたが、現代に合った新しい
マーケティング方法はこれ以外にもたくさんあります。

SNSが成長し、誰でも情報を発信し、一般人でも影響力を
持つようになった現代では、企業から消費者だけでなく、
消費者から消費者へ流れる情報が重要になります。

そこでどのようにアプローチをすれば、その企業や商品のことをより理解し、
広めてくれるのかをよく考えていくことが大切です。

 

このように、時代がさらに進化していくなかで、新たにどのような
仕組みが生まれていくのかを注意深く観察し、積極的に取り入れていく
ことが必要になるでしょう。

 

 

 

Profile 執筆者紹介

(株)幻冬舎メディアコンサルティング

弊社は設立11年を迎え、皆様のおかげで企業出版800社を超え業界No1をキープしまして
これまでより更に企業の業績アップに関わる事業に特化して成長中でございます。
弊社がなぜクライアントの業績アップに携われるかといいますと2つの理由があります。

・『中小企業の課題解決のきっかけとなる』
・『ウェブ媒体とは異なる紙媒体の強み』

書籍には、他の媒体にはない信頼度があります。書籍を出版すること自体がブランディングに
なります。 ウェブは誰でも簡単に公開することができますが、書籍というのは出版社、書店、
取次など様々な人の目を通さなければ出版できません。

このように、書籍というのは他のどの媒体と比べても信頼度が抜群に高く、そのため企業の課題克服や
今後の事業展開など直接売上に関わる部分に良い影響を及ぼしてくれます。

このことが弊社が企業出版ビジネスに特化しつづける理由でございます。ですので 「経営者が本を出す」ことは
弊社にも御社にも非常に重要な意味を持つものであると確信しております。

「企業出版」「社史・周年誌」についてのお問合せ・セミナー受講、資料請求はこちらまで。
→ http://kigyou-syuppan.net/syunen-shashi/