経営者向けコラム

組織づくり/社長コーチング2018.09.15

部下をなぜ褒めないといけないのか?

高収益経営サポートセンター安室元博

部下をなぜ褒めないといけないのか?

 

おはようございます。安室です。

貴方は、きちんと部下を褒めていますか?

お会いする経営者やビジネスリーダーの方で
部下を褒めるのが苦手という人は少なくありません。

 

褒めることを照れくさく感じたり
むやみに褒めたら調子に乗ってしまう

などと言って褒めることを避けている人もいますね。

一方で、自分が褒められたら
どう感じるのでしょうか?

きっと悪い気はしないはずです。

 

自分は間違っていない
さらに頑張ろう、
そんな気持ちになるものです。

人の承認欲求はとても強いです。

 

だから、正しく褒めれば
部下の承認欲求は満たされ
自信をもつことでしょう。

 

部下のパフォーマンスをあげるのも上司の役目とすれば
部下を正しく褒めることは適時した方がよいですね。

 

では、具体的には
どんなふうにしたらよいか?

「褒める」対象は

結果、行動、スキル、考え方

そして、メッセージは

▲よいので続けてほしい
▲繰り返してほしい

ということです。

 

だから実際は、結果・行動・スキル・考え方
どれかについて

「よくやった」
「すごいぞ」
「いいと思うよ」
「この調子でやってくれ」

などの言葉を返してあげれば
よいのです。

 

 

これなら出来そうじゃないですか!

最初から上手く出来なくて当然です。

続けてほしい
繰り返してほしい

そのようなことを見つけて
肯定的な言葉を返してあげてください。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

 

Profile 執筆者紹介

高収益経営サポートセンター安室元博

1989年、青山学院大学文学部卒業
株式会社横浜そごう入社。12年間婦人服売場のマネジメントに従事。
その後、本社人事教育担当として社内の人材育成に携わる。
経営コンサルタントに転身後は、国内大手コンサルティング会社にて
主に組織活性化、人材育成を担当。
2011年プロフェッショナルパートナー設立。
ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ。


そごう人事教育担当時は、社内の販売スキルアップ制度、人事制度を導入。
経営コンサルタントとして、300社1,000の組織の改革と5,000人の教育研修を実施。
経営者から新入社員まで世代を超えた人材育成を一手に担う。

現在、経営者のコーチとして独自メソッド「安室式経営者コーチング」を全国オーナー経営者、二代目社長に提供。
建設、住宅リフォーム、製造、IT、サービス業のクライアントの86.7%が創業以来の最高売上利益を記録し今も更新中。
その他、各企業に階層別研修、リーダーシップ研修、新入社員研修を実施中。
専門分野:経営者コーチング、幹部社員育成、課長係長育成、コーチング研修

株式会社プロフェッショナルパートナー
代表取締役  安室元博