経営者向けコラム

資金繰り改善2018.03.27

資金繰り改善と「たちばなはじめ」というブランド

自己破産させない屋たちばなはじめ

資金繰り改善と「たちばなはじめ」というブランド

 

一か月のうち、概ね10日を地元、概ね10日を東京、
概ね10日を地方の出張先で過ごす生活を、かれこれ6年ほど続けています。

最近は、新潟の滞在日数が減って来ましてね・・・・
2月なんか6日しか地元に滞在できなかった。

2月は、すべての週末を出張に充ててしまった事もあってね・・・・・
さすがに家族が心配になった。
今、仕事の調整をつけて、8日間の自宅滞在中なんだけどね・・・・
子供たちがドンドン成長している。
ワタシが少しくらいいなくても、大勢に影響が無い事が解ったよ(笑)

 

ホンのちょっとしたことなんだ。
長女の鏡を見る時間が長くなってきた、とか。
次女が大人が話している間は自分は勝手に発言しなくなった、とか。
三女がワガママを自重できるようになった、とか。
たまにしか会わないからこそ気付く事もあるようで、
それはそれで微笑ましく眺めている。

 

 

でも、一方で・・・・ワタシが家にいない前提で
生活するパターンも出来ているようだ。
「あ、今日はパパいるんだっけ!?」とか、
「今回は、どのくらい家にいるの!?」とか言われる(笑)

少し前に、ホントに末娘の三女に言われたんだ。
「パパ!また来てねぇ~!」って。
これ、ヤバいよね(笑)

 

ワタシの気持ちだけを正直に言うとね・・・・
別に地元に深い愛着があるワケじゃない。

不動産を持っているワケじゃないし、友達が多いワケでもない。
家族みんなを引き連れて、都内で生活したい、と言う気持ちはある。

 

でもさ・・・・今年78になるオフクロもいる。
8年前に死んだ親父の墓もある。
妻の両親だって、元気ではあるけれど、70を過ぎ、ソコソコ年を重ねた。
そしてさ・・・なにより、妻が新潟LOVEなんだよね(;^ω^)
更に言えば、ワタシの仕事がこのまま高いニーズでもって
維持できるかどうかなんて解んないんだ。

 

 

ワタシの仕事なんか、法律が変わればすぐに存在意義を失う。
ワタシの情報が拡散すれば、ワタシのノウハウが拡散する、という事だから、
当然後発組だって出てくるだろうし、ワタシだって、とある人物から教えを
受けてやっている事だから、別に日本で初めてワタシが得た知識でもない。

 

各方面の情報を集約して、加工して、実際に経験して、得たノウハウだから、
目新しい情報ではあるけれど、ワタシの話す情報って・・・・
「そういや、そうだな」って思わせる情報ばっかり。
だから、マネしようと思えば、ワタシの仕事をマネ出来なくも無いんだよね。
それなりの覚悟は必要だとは思うけど。

 

 

これまで、ワタシのセミナーをご聴講頂いた方や、実際にワタシが
仕事させて頂いたりして、ワタシの情報を理解した方が、
ワタシもたちばなさんの仕事をやってもいいですか!?」っていう
お問い合わせをよこしてくれたことは何回かあった。

 

 

どうぞどうぞ!ぜひなさってください!日本国憲法で ”職業選択の自由” が
認められています。ワタシがあなたの意向を阻害する権利などありません。
共に頑張りましょう!
って、必ず言うんだけどさ・・・・実際にワタシの目や耳に触れるほどの
ご活躍をされている方は、まだ知らない。

 

少し、甘いんじゃないかな!?
情報を得ただけでは、仕事なんか取れないよ。
情報拡散をしなければ、仕事なんか取れないよ。
 
ブログ書くだけじゃ仕事なんか取れないんだって。
SNSに投稿すりゃいいってもんじゃないんだって。
情報拡散すりゃいいだけの話じゃないんだよ。

 

 
今のワタシだけを見るとそうなっちゃうんだよ。
「たちばなはじめは、しゃべるだけでカネになっていいなぁ~・・・・
よし、じゃ、オレもやろう」
こういうスタンスでは、絶対に上手く行かないよ。

 

ノウハウも大切だ。
ブランディングも大切だ。
マーケティングも大切だ。
プランニングも大切だよ。
でもね・・・・心根が備わっていないと、この仕事は絶対に上手く行かないよ。
スピリッツだよ。スピリッツ。

 

ワタシの仕事をマネしてくれることは構わないし、
それを止める権利もワタシには無い。
でも、そういう方へ是非お願いしたい。
ワタシの名前を持ち出すことはやめて欲しい。

 

「たちばなはじめの弟子だ」とか、
「たちばなはじめの教えを受けて」とか、
「たちばなはじめの薫陶を受けた」とか・・・・ほんとに迷惑。

 

 

その後、そういう人にご相談された方が、実際にワタシにクレームみたいな
メールをよこす事がしばしばある。
「3万円も取られたのに、何もしてくれなかった!」とか、
「おカネ受け取ったら、連絡が取れなくなった!」とか、
「都合が悪くなったら逃げた!」とか、
「師匠のたちばなさんに質問してくれと言われて電話した」とか。

そう言うのって・・・・ほんとに迷惑だからやめてくださいませ。

 

ご相談者にも、ハッキリ申し上げておきます。
ワタシには、弟子はおりません。
ワタシには、教えを授けて免許皆伝した人物などおりません。
また、そのようなシステムも設えておりません。
ワタシは、誰かに薫陶を授けるような人間ではありません。

ワタシの情報の上辺だけを理解して、理解したような気になって、
粗暴なアドバイスをしないでください。
そこにトラブルがあったからと言って、ワタシが出来る事など
極々限られたことでしかありません。

 

 

「たちばなはじめ」という名前が少しずつ大きくなって参りまして、
おかげさまで忙しくさせて頂いておりますが・・・
一方で、こういうトラブルも発生しつつあります。
得るメリットもありますが、得てしまうデメリットも多くなりつつあります。

 

資金繰りに困窮しつつあり、誰かにご相談しようかと検討している方々・・・・・
ご相談相手の選定はご慎重にされて下さいませ。

 

———————————————————

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

 

 

 

Profile 執筆者紹介

自己破産させない屋たちばなはじめ

■略歴
平成21年に、父親から引継いだ6億円の債務で資金繰りに困窮し自己破産を検討。
しかし、自己破産にも資金が必要な事、弁護士から350万円掛かると言われ断念。

信頼を置いている知人の紹介により、知り合った金融コンサルの指導で借入金返済
債務にも時効がある事を知り、それをクライアントに話さない弁護士に嫌気が差し、
以後弁護士との接見を行わず、任意整理もせず、6億円の金融債務返済を毎月元利
返済180万円を約2ヶ月後、合法的に返済元利毎月5千円に圧縮することに成功する。

そして、資金繰りは爆発的に改善する。現在も社長業を継続し13年目を迎える。
返済額圧縮によってねん出した資金を合法的に流用し39歳で自宅の住宅ローンを
29年分一括返済する。

自らの経験談を各地で話し、既に1,000名以上の個別相談に乗り、
日々クライアントに適した手段で救済を行っている。



講演実績
▲大手外資系生命保険会社 ▲首都圏大手 会計事務所 勉強会 ▲大手国内生命保険ライフプランナーグループ
(定例開催実績12回) ▲東北地方学校法人運営数社 これら含め国内各地で合計600回以上(6年間で)開催。

講座ページ:http://shikin-kaizen.net

株式会社MEPたちばな総研 代表取締役
たちばなはじめ(ビジネスネーム)