経営者向けコラム

組織づくり/社長コーチング2018.10.03

成長する会社に必須の「社員が持つべき意識」とは?

高収益経営サポートセンター安室元博

成長する会社に必須の「社員が持つべき意識」とは?

 

おはようございます。安室です。

これまで多くの中小企業の経営者、ビジネスリーダーと
セッションや研修を通してご一緒してきました。

 

その中には、過去最高売上最高利益を更新している
ところもあれば、赤字体質から脱せないところあります。

その違いを生む要素は本当に多くあるのですが、
今回はその中で、「社員の意識」について
考えたいと思います。

 

成長する会社に必須の「社員が持つべき意識」
が存在します。

何だと思われますか?

 

それは以下の3つの意識です。

1.圧倒的な当事者意識

2.正しい危機意識

3.健全な仲間意識

 

成長する会社の社員は一般社員から上位職まで
当事者意識が醸成されています。

・指示待ち
・仕事の範囲決め
・他責

などは少なく

常に、自分は何が出来るか?
何が足らないのか? を思考しています。

 

 

そして、この程度で大丈夫だよ。。。
といった安易な楽観ではなく正しい危機意識から
もっとよくするにはどうしたらよいか?

さらに喜んでもらうには何ができるだろうか?

と常に変化、改善を求めます。

 

 

 

さらに

赤字が続いている会社は、なぜか社内がギスギスしています。

「この会社は安月給だから・・・」
などと社員はまことしやかに会社の悪口を言っています。

そして、

「あいつはダメだ」と他人を批判します。

 

 

成長する会社は仲間意識、チームワークがあります。

協力体制のもと助け合いや連携が当たり前になっています。

 

それも、同僚だけでなく取引先や顧客ともです。

では、

1.圧倒的な当事者意識
2.正しい危機意識
3.健全な仲間意識

この3つの意識は
どうしたら社員に根付くでしょうか?

 

経営者が社員の前で「これらの意識を持て!」
と言うだけではダメです。

実は、経営者自身がこの3つの意識を大切にすること
が、最初の一歩です。

 

そして、社員ひとり一人を
仲間として認識して人格を認めること

 

これらが大事なのだと思います。

御社の社員はこれら3つの意識では
他社に負けない、そんな状態を目指して
いただきたいと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

Profile 執筆者紹介

高収益経営サポートセンター安室元博

1989年、青山学院大学文学部卒業
株式会社横浜そごう入社。12年間婦人服売場のマネジメントに従事。
その後、本社人事教育担当として社内の人材育成に携わる。
経営コンサルタントに転身後は、国内大手コンサルティング会社にて
主に組織活性化、人材育成を担当。
2011年プロフェッショナルパートナー設立。
ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ。


そごう人事教育担当時は、社内の販売スキルアップ制度、人事制度を導入。
経営コンサルタントとして、300社1,000の組織の改革と5,000人の教育研修を実施。
経営者から新入社員まで世代を超えた人材育成を一手に担う。

現在、経営者のコーチとして独自メソッド「安室式経営者コーチング」を全国オーナー経営者、二代目社長に提供。
建設、住宅リフォーム、製造、IT、サービス業のクライアントの86.7%が創業以来の最高売上利益を記録し今も更新中。
その他、各企業に階層別研修、リーダーシップ研修、新入社員研修を実施中。
専門分野:経営者コーチング、幹部社員育成、課長係長育成、コーチング研修

株式会社プロフェッショナルパートナー
代表取締役  安室元博