経営者向けコラム

企業出版/ブランディング2018.04.19

企業ブランディングとしての書籍活用(基礎編)

(株)幻冬舎メディアコンサルティング

企業ブランディングとしての書籍活用(基礎編)

 

ブランディングとは、企業経営における第5の経営資源と言われる
「ブランド」に対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、
企業と組織のマーケティング戦略のことです。

特に社会における企業信頼を高める方策のことを
「企業ブランディング」と言います。

 

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、
あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくことは
企業を経営していく中で欠かせないことです。

 

 

ブランディングの効果

ブランディングを行うことでもたらされる効果には
以下のことがあげられます。

 

・競合との差別化
自社ブランドや企業ロゴ、スローガンなどで、競合他社とは区別されて認識されるようになります。

・顧客のリピーター化
顧客は知識が整理されることで再び同じ物を選ぶようになります。つまり、
リピーターの創出に繋がります。

・顧客ロイヤリティの強化
親しみや信頼が増大されることでブランドロイヤリティが形成され、
プロモーションコストを抑えても長期的に安定した売り上げの確保に繋がります。

・価格競争を回避する
『顧客にとっての価値』が訴求され、提供品質を無視した価格競争に
参加する必要が無くなります。
同じ品質・スペックの商品について、競合よりも高い価格で販売が
可能になるのです。

・ブランディングによって企業の「調達力」のアップ
売上、人材、資金、販路、取引先など、企業の経営に必要な要素の調達が
ブランディングによって可能になります。

戦略的な企業ブランディングを行い、他社との差別化を図ることが
企業の成長に繋がっていくのです。

 

 

企業ブランディングの手法

では企業ブランディングを行う時に何から始めればよいのでしょうか。

 

企業の今後の成功を左右する大事な戦略の1つなので失敗は許されません。
ブランディングを考える際は以下のポイントが重要となります。

・ブランディングコンセプトの明確化
・ターゲティング
・市場におけるポジショニング

 

自社の商品・サービスは何を目的にどのようなものを提供しているのか、
コンセプトを明確にして、さらに誰をターゲットとすることが有効なのかを考え、
市場の中でどのポジションに位置しているかを把握することが重要です。

 

 

企業ブランディングとしての書籍出版

書籍を使った企業ブランディングも有効な手段の一つです。

幻冬舎メディアコンサルティングでは企業のブランディングを
目的とした出版を行っています。

 

書籍を制作する過程では書籍を出版する目的や誰をターゲットとするのか等
しっかりと打ち合わせをしながら書籍の企画構成を作ることが重要です。

また、市場調査をしっかりと行い、どのような打ち出し方であれば他社にない
企業の強みを読者に伝えられるのかを考えて戦略的に出版する必要があります。

書籍は多くの情報を順序立てて広い範囲に伝えることが出来ます。
読者にとってメリットとなる情報を伝え、企業の信頼性を高めることで
ブランド力の強化をはかれるのです。

 

ぜひブランディングを考える中で、書籍出版を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Profile 執筆者紹介

(株)幻冬舎メディアコンサルティング

弊社は設立11年を迎え、皆様のおかげで企業出版800社を超え業界No1をキープしまして
これまでより更に企業の業績アップに関わる事業に特化して成長中でございます。
弊社がなぜクライアントの業績アップに携われるかといいますと2つの理由があります。

・『中小企業の課題解決のきっかけとなる』
・『ウェブ媒体とは異なる紙媒体の強み』

書籍には、他の媒体にはない信頼度があります。書籍を出版すること自体がブランディングに
なります。 ウェブは誰でも簡単に公開することができますが、書籍というのは出版社、書店、
取次など様々な人の目を通さなければ出版できません。

このように、書籍というのは他のどの媒体と比べても信頼度が抜群に高く、そのため企業の課題克服や
今後の事業展開など直接売上に関わる部分に良い影響を及ぼしてくれます。

このことが弊社が企業出版ビジネスに特化しつづける理由でございます。ですので 「経営者が本を出す」ことは
弊社にも御社にも非常に重要な意味を持つものであると確信しております。

「企業出版」「社史・周年誌」についてのお問合せ・セミナー受講、資料請求はこちらまで。
→ http://kigyou-syuppan.net/syunen-shashi/