経営者向けコラム

組織づくり/社長コーチング2018.07.24

他社に勝つセールスポイントを導く3つの質問

高収益経営サポートセンター安室元博

他社に勝つセールスポイントを導く3つの質問

 

おはようございます。安室です。

「真夏日」と「猛暑日」の
違いってご存じですか?

 

一日の最高気温が
セ氏30度以上を「真夏日」
35度以上を「猛暑」と表すそうです。

 

 

ところで先週は信州に行ってきました。

涼しいはずの信州ですが、
その日の最高気温がなんと37度
完全に「猛暑日」

 

幸い一日中研修室の中にいたので
外の猛暑を感じずには済みましたが・・・

体調管理には本当に気をつけましょう。

 

 

前回の記事では、社長がもつべき「視座」と
「視野」についてお伝えしました。

その中で、「視座」とは
社長の強さだと言いました。

今回は、それに続いて、御社の主力の
商品(またはサービス)の強さについて考えましょう。

 

 

ビジネスは戦いです!

その戦いの武器が御社の商品(サービス)。

この商品(サービス)で他社に勝ち、
顧客から選ばれる存在にならなければ生き残れません。

 

そのためには御社の商品(サービス)の
セールスポイントを明確にしておくことは必須です。

もし、セールスポイントが「?」の場合は、、、

でも大丈夫!

 

 

次の質問について考えることで
他社に勝てるセールスポイントを
見い出すことができますよ。

 

1.御社の商品(サービス)の特長は
何ですか?

2.競合他社の類似の商品(サービス)
と比較してどこか違う点がありますか?

3.この商品(サービス)のこだわりは
何ですか?

 

 

いかがでしょうか。

即答できなくてもいいですからこの質問に対する答えを
何かしら出していくことが大事です。

 

それを繰り返すことで
セールスポイントが明確になります。

そして、社長一人ではなく社員にも考えさせましょう。

 

きっと社員は自社の商品(サービス)に
対する理解と愛着が増すことでしょう。

ぜひ試してみてください。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

Profile 執筆者紹介

高収益経営サポートセンター安室元博

1989年、青山学院大学文学部卒業
株式会社横浜そごう入社。12年間婦人服売場のマネジメントに従事。
その後、本社人事教育担当として社内の人材育成に携わる。
経営コンサルタントに転身後は、国内大手コンサルティング会社にて
主に組織活性化、人材育成を担当。
2011年プロフェッショナルパートナー設立。
ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ。


そごう人事教育担当時は、社内の販売スキルアップ制度、人事制度を導入。
経営コンサルタントとして、300社1,000の組織の改革と5,000人の教育研修を実施。
経営者から新入社員まで世代を超えた人材育成を一手に担う。

現在、経営者のコーチとして独自メソッド「安室式経営者コーチング」を全国オーナー経営者、二代目社長に提供。
建設、住宅リフォーム、製造、IT、サービス業のクライアントの86.7%が創業以来の最高売上利益を記録し今も更新中。
その他、各企業に階層別研修、リーダーシップ研修、新入社員研修を実施中。
専門分野:経営者コーチング、幹部社員育成、課長係長育成、コーチング研修

株式会社プロフェッショナルパートナー
代表取締役  安室元博