経営者向けコラム

組織づくり/社長コーチング2018.06.25

どのように部下を動かすか?

高収益経営サポートセンター安室元博

どのように部下を動かすか?

 

おはようございます。安室です。

あなたはどのように
部下を行動させていますか?

 

社長を始め部下を持つリーダーは
自分が率先して行動することはもちろんですが、
部下をいかに動かすか。。。

これに組織の成果やご自身の評価もかかっている
と言っても過言ではないはず。

では、どのように部下を動かすか?

一つキーワードを挙げると

「納得性」

これが大事に思えます。

 

 

あなたが強力なカリスマリーダーであれば部下の「納得性」など
必要ないと思います。

それは、リーダーがカリスマであれば
部下は考える必要は無く、納得しようがしまいが付いて
いくしかないからです。

そうでないとしたら部下の「納得性」を
高めることはかなり重要です。

 

 

具体的にどうすればよいのでしょうか。

5つのポイントにまとめました。

ポイント1
計画立案の段階から部下を参画させる

ポイント2
目的を共有したうえで自由な意見を言わせる

ポイント3
課題の優先順位を決めさせる

ポイント4
納得ある役割分担をする

ポイント5
コミットメントを得る

 

 

決まったことをいちいち説明するよりも
意志決定の前段階から参画させること。

参画することが合意形成に、つながり責任感を生みます。

 

ただ気をつけてほしいことが二つあります!

ひとつは、自由な意見を言わせるときは
否定的な言葉や皮肉な言葉は絶対に言わないこと

もうひとつは、最後に必ずコミットメントを得ることです。

「やり遂げられそうですか?」
「実行できますか?」

と訊いてください。

そして、「やります!」「やってみます!」
と言わせるのです。

もし、「できるか分かりません」「自信がありません」
という返事であれば、根性論的なごまかしはせずに
どこがわからないのか、どこが自信がもてないのか
と細かく聞いてあげてください。

 

そうすることで納得性は格段に向上し
一体感とパフォーマンスがレベルアップします。

 

試してくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

Profile 執筆者紹介

高収益経営サポートセンター安室元博

1989年、青山学院大学文学部卒業
株式会社横浜そごう入社。12年間婦人服売場のマネジメントに従事。
その後、本社人事教育担当として社内の人材育成に携わる。
経営コンサルタントに転身後は、国内大手コンサルティング会社にて
主に組織活性化、人材育成を担当。
2011年プロフェッショナルパートナー設立。
ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ。


そごう人事教育担当時は、社内の販売スキルアップ制度、人事制度を導入。
経営コンサルタントとして、300社1,000の組織の改革と5,000人の教育研修を実施。
経営者から新入社員まで世代を超えた人材育成を一手に担う。

現在、経営者のコーチとして独自メソッド「安室式経営者コーチング」を全国オーナー経営者、二代目社長に提供。
建設、住宅リフォーム、製造、IT、サービス業のクライアントの86.7%が創業以来の最高売上利益を記録し今も更新中。
その他、各企業に階層別研修、リーダーシップ研修、新入社員研修を実施中。
専門分野:経営者コーチング、幹部社員育成、課長係長育成、コーチング研修

株式会社プロフェッショナルパートナー
代表取締役  安室元博